中村時広

昭和35年1月25日生まれ
趣味/読書、スキー、バドミントン
尊敬する人/福沢諭吉
座右の銘/至誠通天

【中村時広事務所】

〒790-0801
松山市歩行町2丁目1-6
ウインドパレス歩行町1階
Tel. 089-943-8800
FAX. 089-947-8000







HOME > DJ中村時広

DJ中村時広 FM愛媛/えひめ・熱中・夢中人! 南海放送ラジオ/おーい中村さん!

7月4日放送分 感動物語「人生最後の修学旅行」

 今週も先週に続きまして愛媛県の昨年度に実施した事業、「愛顔感動ものがたり」の入選作朗読をお送り致します。 この事業では、人それぞれの人生における愛顔に繋がる感動的なエピソードを、800字以内の文章で募集しました。 新井満さん、紺野美沙子さん、水城奈々さんらの協力を得て、今年1月に表彰式を実施、会場を埋め尽くした県民の皆さんを感動の世界へ誘うこととなり、事業の継続が決定、今年も7月末まで作品を募集中です。
 それでは今週は、福島県の佐藤彬映さんの作品「人生最後の修学旅行」をお届けします。 この作品は「愛媛・愛顔の助け合い基金」で実施した、東北三県高校生修学旅行招待事業で来県した高校生の作品です。お聞き下さい。
 四年前の三月十一日。あの日私達の暮らしが百八十度変わった。そう、あの東日本大震災だ。 地震直後、空には雪が降った。雪はすぐやんだが、友達と出掛けていた私は、屋内は危険と言われ、七時間以上外にいた。 寒くて寒くて、とても辛かった。なにより家族の安否が心配だった。そして、私が寒くて震えている間に、東日本大震災は、津波という大きな傷跡を残していった。 家を流し、大切なペット達も流し、そして人間の命をも・・・流していった。連日テレビでは、家族を探し、涙を見せている人達の姿が写されていた。
 その上、福島県に住んでいる私達に、東日本大震災はもう一つ、傷を残していった。 福島原子力発電所の水素爆発だ。 爆発後は、「外出を極力しないで下さい。」とか、「海の方の人達はただちに避難して下さい。」とか、さまざまな情報が流れ、私達はただただ従い、混乱するだけだった。
それから一カ月の月日が過ぎて、人々の混乱が少しずつ減ってきた頃、次は風評被害というものが私達を苦しめた。 福島から出て、違う学校に転校したら、「放射能がきた。」「汚い」などとイジメられたり、テレビやネットでは福島を批判する言葉が増えたりした。 実際に私も、中学校の修学旅行で「福島から来ました。」と言ったら変な顔をされて、とても辛い気持ちになったことが今でも記憶にある。
 あれから二年、私は高校生になり、修学旅行で愛媛に行くことになった。 また、変な顔をされ、辛い気持ちになるかもしれない・・・。 だが、愛媛県の人達は、遠く離れた福島の私達に多額の寄附をして下さり、私達を温かく迎えてくれた。 愛媛の高校生と交流した時、みんなと楽しく笑い合えて、とても良い思い出になった。 この交流後、愛媛の友達とは今でも連絡をとっている。 私は今回、愛媛に行ったことで、人生最後の修学旅行を楽しい思い出で終えることができた。
 愛媛のみなさん、本当にありがとうございました。