中村時広

昭和35年1月25日生まれ
趣味/読書、スキー、バドミントン
尊敬する人/福沢諭吉
座右の銘/至誠通天

【中村時広事務所】

〒790-0801
松山市歩行町2丁目1-6
ウインドパレス歩行町1階
Tel. 089-943-8800
FAX. 089-947-8000







HOME > ダイアリー

ダイアリー

2011年4月15日 「東北・関東大震災に際してメッセ−ジ5」

4月8日に、東日本大震災被災者等支援基金(通称・「えひめ愛顔の助け合い基金」)を愛媛県庁に創設させていただき、4月14日から寄附の募集を開始しました。
この基金は、震災被災者等や県内避難者への支援、現地入りするボランティア活動などの経費に活用していこうとするものです。長い目で見れば、被災地学校からの本県への修学旅行や、本県と被災地産品の共同販売事業への支援など、愛媛県ならではの独自事業も考えられます。
 しっかりとした基金運営、思いやりあふれる事業実施などを具体化するため、学識経験者やNPO関係者、行政関係者などによって構成される委員会で、その運営を進めていくこととしています。県民の皆様からのご寄附も募らせていただき、一緒になって被災地支援へつなげていければと思います。伊予銀行、愛媛銀行及び愛媛県信用農業協同組合に口座を開設いたしましたので、ご賛同いただけますならば、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。なお、本基金は、寄附金控除の対象にもなります。
 今回の大震災を受け、3月30日に四国電力に対し私から強く要請しておりました、高松本社に設置されている「原子力本部」の県内移転について、4月13日に四国電力社長と面談した際に、社長から移転を実施する旨、正式に回答がありましたので、ご報告申し上げます。
県民の不安払しょくのためにも、安全対策の更なる推進のためにも、四国電力の姿勢をお示しいただくためにも、その決断を待っていました。原子力事業の責任者が松山市に常駐することにより、スピーディできめ細かいやり取りが可能になるものと思います。
 しかしながら、これはあくまでもスタートラインであり、これからの具体策が重要であることは言うまでもありません。対応策の強化に向けて、全力を尽くしていきます。