中村時広

昭和35年1月25日生まれ
趣味/読書、スキー、バドミントン
尊敬する人/福沢諭吉
座右の銘/至誠通天

【中村時広事務所】

〒790-0801
松山市歩行町2丁目1-6
ウインドパレス歩行町1階
Tel. 089-943-8800
FAX. 089-947-8000







HOME > ダイアリー

ダイアリー

2009年7月18日 「首長連合2」

たった4名のささやかな行動が、思わぬ波紋を広げ始めました。もちろんそれは、メンバーの中に全国区の大阪府知事と横浜市長が存在していたことで、マスメディアによって大きく取り上げられたことにあります。 4人が自らの政治的リスクを負ったことも、要因であったかもしれません。
 私の元にも自民党系、民主党系を問わず、10名を超える国会議員から真意を訪ねる電話が入りました。
自民党系の皆さんには「マニフェストすら提出されていないので、地方分権に関する政策をしっかりと入れて頂きたい」、民主党系の皆さんには「マニフェスト案は拝見したが、幾つかの点で地方現場の視点とかい離している。知事会、市長会などの地方団体より上がっている意見を参考にして、考えて頂きたい」との答えに終始致しました。
私の声などはしれたものですが、様々な動きが同時に影響を与え、自民党は地方分権政策推進の前向きな検討、民主党は幾つかの点の修正に向けてそれぞれ動き始めています。
 そんな中、首長グループのメンバーでもある橋下知事の活躍により、ついに全国知事会が重い腰を上げることになりました。各党の地方分権政策を点数化して、その結果を公表することになったのです。以前も全国知事会が外部組織と共同でマニフェストの評価を行ったことがあったと思いますが、今回はその時以上に、報道のお陰もあり、より皆さんに伝わり易くなったと思います。
それは実質的に「首長連合」が主張してきた「政策支持」の行為そのものに当たります。我々が行動を起こした当初、全国知事会がそこまで決意することは全く考えていませんでした。正式な団体がそこまで踏み込んだ結果を踏まえ、意見交換を行った結果、以下の点について合意致しました。
@全国知事会による地方分権政策の点数化を評価し、採点についてはその結果を尊重する。但し、採点の公平性を絶対条件とする。
A政党支援についてはネット上にホームページを立ち上げ、全国知事会の採点についての「首長連合」のステートメントを発表する。同時に地方分権の意義についての情報提供、地方分権に関する国民からの代表的な質問や疑問に対する応答を、動画を利用してアップする。
B個別の支援については、メンバー毎に要請頻度に相当な差異が生じるため、政策支持の結果を基本に個別に対応する。
 いよいよ解散日程も決まりました。各党には1日も早く、有権者との契約とも言えるマニフェストを取りまとめ、発表をして頂ければと願っています。
 ただ気掛かりなのは、自民党の党内抗争です。中にはグループのマニフェストを掲げ、存在をアピールすることを考えられている動きもあるとのことですが、この行為は論外です。
 政党に所属している以上、公認候補は取りまとめられた政策を掲げて戦って頂かなければ、どちらの政策も実現性が担保されないことになってしまいます。
その場合の全国知事会の判断も注視してゆきたいと思います。